1. HOME >
  2. RECRUIT >
  3. INTERVIEW

INTERVIEW03

GINZAグローバルスタイル・コンフォート 博多駅中央街店
スタイリスト

中村 飛清NAKAMURA TOKIYO

新卒採用

QUESTION.1入社を決めたきっかけは何ですか?
ANSWER大学生の時に学習塾でアルバイトをしており、週に4日程度はスーツを着る機会がありました。父親がフルオーダースーツのテーラーだったこともあり、スーツの着方を教えられ、また、自宅にはネクタイが多数ありましたので、毎回ネクタイを変えて行くと生徒に褒められ、嬉しかったことを記憶しております。
スーツに興味を持ち始めたのは、大学生のはじめでした。
弊社GSに入社を決めたきっかけは、大学3年生の春休みにたまたま福岡天神店にてスーツを作った際に担当してくださったスタッフが、接客が終わったときに「楽しかったです。」と言ってくれて、好感を持ったことがきっかけです。

当時、大学では就職活動が始まろうとしていて、専攻は理工系で人工知能だったのですが、「この人と働いてみたい」と思い、弊社GSの求人を調べました。
調べた2日後に会社説明会があると記載してあったので直ぐに申し込み、初めて乗った夜行バスにて大阪に向かい、今に至ります。
QUESTION.2どんな仕事をしていますか?
ANSWER主な仕事はお客様が必要とされているスーツの生地を決め、採寸をし、ディテールを決め、お納めすることです。
その際に必要な生地の知識やTPOに適するマナー、接客の際に発する正しい言葉遣いや立ち居振る舞いを身に着けることも大事な仕事のうちの一つだと考えております。
入社当初、当時の店長に「うちの会社はオーダースーツ業界では大手だから間違った知識を話すとそれが正解になってしまう。発する言葉には責任を持て。」との教えを鮮明に覚えております。
その教えのもと、お客様に聞かれたことを全てお応えする正確な知識を取り入れるための情報収集も大事な仕事です。

また、店舗内にディスプレイをしているスーツのマネキンの着せ替えも任せてもらっている為、お客様に魅力的に映るようなディスプレイの作成もしております。
店舗からの唯一の集客手段である「スタイリストブログ」ではネットなどには載っていない生地のリアルな情報や、我々スタッフが何を着ているのかなど発信するようにしております。
QUESTION.3この仕事のどんな部分が好きですか?
ANSWER接客を終えてお客様をお見送りする際に「楽しかった。」と仰っていただけたときと、スーツをご納品する際に「作ってよかった。」と仰っていただけたときに大変喜びを感じます。
素直に喜びや楽しさを伝えて頂ける仕事はそんなに多くはないと思いますが、この仕事では頻繁にお伝えいただける機会がありますし、お仕立てしたスーツは結婚式やお仕事での勝負事の際にご着用されるスーツも多くありますので、お慶び事に遭遇する機会も多々あります。

また、店頭やお電話、HPのお問い合わせから「中村さんいますか」というご指名のご予約を頂くことも大変うれしく思います。
接客の良し悪しは人それぞれの価値観なので明確な定義付けができないのですが、私は、1度ご対応したお客様から次のお仕立てのご指名を頂いたときに、行った接客が「良し」と判断するようにしています。
QUESTION.4休日の過ごし方は?
ANSWER仲の良い店舗の先輩と色々なジャンルのファッションのお店に行くことがほとんどです。もともとミリタリーなどの分野には興味がなかったのですが、仲の良い先輩の影響でミリタリーも好きになりました。
QUESTION.5どんな人がこの会社に合っていると思いますか?
ANSWERファッションが好きで営業意識が強い人が合っていると思います。
一般的に言う「アパレル」とは弊社のスタイリスト職は少し違うと思いますので、お客様にとって貴重な人生のお時間を頂戴しているという意識を持ち、お買い物の時間をどれだけ気持ちよく過ごして頂けるかどうか考えることができない人は向いていないかもしれません。
QUESTION.6入社を考えている人に一言お願いします!
ANSWER先述しましたが、一般的な「アパレル」とは違い弊社のスタイリスト職は営業的な観点も非常に重要視されます。
スーツが好きな方はもちろん、営業のスキルを磨きたい方や接客に自信がある方なんかは入社頂くと楽しいのではないかと思います。

未経験でも何の問題もなく働くことができますし、おそらく3か月もあれば店頭に立ち、お客様のご対応ができると思います。

RECRUIT INFO採用情報

エントリーする